無料カウンター

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://virkato.blog74.fc2.com/tb.php/321-7c93f5b0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「ひとごとだなぁと思いました」

今日の「太田総理・秘書田中。」は、非常に興味ある内容だった。
マニフェストは「少年法を廃止します」
結論から言うと、私は積極的賛成派。

私から見ても世間から見ても、少年のモラル低下はとどまるところを知らない。
少年犯罪の凶悪化となると、もう目にあまるものがある。

人を平気で殺し、反省することを知らない。
ちょっとしたことですぐにキレ、悪知恵も大人以上に身についている。
そして、そんな少年が罪をおかしたときに必ずといっていいほどつきまとうのが少年法。
彼らを守る・保護する・擁護するという、言わずとしれた保護法律だ。
そんな彼らは、自分たちが少年法で守られてるのを最初から知ってる。
つまり、少年法で守られてるのをいいことに(一部死刑が適用されないなど)
遠慮なしの傍若無人ぶりを発揮してるというわけだ。

少年法の目的はこうだ。
まだ成人に満たない少年というのは精神的に未発達で、
ものの区別がついていない部分が多々ある。
だから、犯罪をおかしたとしてもそれが悪いと思っていないことがあるかもしれない。
それゆえ、彼らに教育・矯正・再生をほどこしていまいちどチャンスをあたえようではないか…というもの。
だが、私にとってはそんなのみんなキレイゴト。詭弁。

少年だろうが大人だろうが、刺されたときの痛みは同じだ。撃たれれば死ぬよ。
少年だろうが大人だろうが、人を殺せば罪には変わりないんだ。
たとえ少年とはいえ、人を殺してはいけない・物を盗ってはいけない・人を殴ってはいけないなど、
人としてやっていいことと悪いことの区別くらいつくはずだろ。
何の罪もないわが子が、まったく面識のない見知らぬ少年たちに殺されたり片足をもぎ取られたり、
頭蓋骨を陥没骨折させられたりしてそれでも平気でいられるか?
まだ子供のいない人なら、自分自身がそんな目にあったら…と考えてみればいい。
絶対に目をつぶらずにはいられないはず。
今日のタイトル「ひとごとだなぁと思いました」は、
実際に少年犯罪でわが子を殺されたお母さんが
今回の少年法廃止議論をひととおり聞いてからつぶやいた一言である。

いまさら言うのもなんだけど、私自身少年犯罪の被害者で、
くわしくは話せないが実際に法廷に立ったこともある。
そのとき、どれだけ苦渋をなめてきたことか。
四肢もろくに動けなくされ、病室で天井を見ることしかできない状態の中、
私服刑事にイヤでも事情聴取をされる毎日。
私はわが子を殺されたりしたわけではないが、
今回反対席についた人数のあまりの多さにおどろいた。
そして、反対派の理論を聞いて私も「ひとごとだなぁ」と、ただそれだけ思いました。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://virkato.blog74.fc2.com/tb.php/321-7c93f5b0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

レイ・レイホゥ

Author:レイ・レイホゥ
これといって特徴ないけど
ほぼ毎日更新してるので
気ままにのぞいてってね☆
ただし…不適切なカキコミは
躊躇なく消します♪

アドレスは…
xiao_lei_7@hotmail.com

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。